バストアップdeメリハリボディ|整形技術で巨乳に大変身

バスト

希望のバストに

女医

医師と相談しながら

バストアップをしたいと願っている女性の最終手段として、シリコンバッグの挿入という方法があります。バストアップ効果のあるブラジャーを使用しても、裸になってしまえば胸がないことが分かってしまうものです。マッサージをしてみたり、バストアップに効果的な成分が入ったサプリメントを試してみたりとあれこれやってみても効果を感じないのであれば、美容整形で解決をしてみましょう。美容整形クリニックでは、医師と相談しながら希望のバストになれるようにアドバイスをしてくれます。できるだけ患者の希望には合わせてくれますが、安全を第一に考えて行われるためにその人の体に危険な方法であれば思い通りにならないということも理解しておかなければなりません。バストアップの方法には、シリコンバッグの挿入の他にも自分の脂肪を入れるという方法もあります。ヒップや太ももなどの不要な部分の脂肪を吸引して取り出しバストに注入するという方法で、自分の脂肪であることからアレルギー反応などの不安もなく安全性が高い施術です。しかし、脂肪のない痩せた人には向いていないケースもあります。

手軽な施術も

シリコンバッグの挿入によるバストアップ施術は、一回で大きなバストを手に入れたいという場合にはぴったりの方法です。目立たない脇のあたりを少し切開をしてシリコンバッグを入れていきますが、形や大きさ、やわらかさなどシリコンバッグを好みに合わせて選ぶことができます。しかし、手術となることから日常生活には負担が出てきてしまいます。手軽にバストアップをしたいという場合には、ヒアルロン酸を注入するという整形施術もあります。これは美容皮膚科でも受けることができる施術で、プチ整形とも言われる分野に入ります。必要な量を必要な場所に注射で入れるだけであり、短時間の施術で日帰りも可能です。バストは大きければいいというものではなく、形も重要になります。ヒアルロン酸注入であれば、離れたバストには両方のバストの中心部分にだけ入れて谷間を作ることができたり、年齢とともに下がってしまったバストにハリを持たせたいというのであればバストの上部に入れるなど形をデザインできるというメリットがあります。