バストアップdeメリハリボディ|整形技術で巨乳に大変身

バスト

豊胸手術の種類

胸元

ダウンタイムの期間

美容外科では色々な美容整形が行われています。その中でも特に人気なのが、バストアップ効果のある豊胸手術です。バストアップに良いといわれる食品や、マッサージ法などありますが、効果には個人差があります。また、バストは女性にとってコンプレックスに感じやすいパーツという事もあり、美容整形で悩みを解消したいという方が多いのです。現在、大きく分けて3つのバストアップ効果がある、豊胸手術が行われています。人工シリコンを入れる「バッグ挿入法」、自分の脂肪でバストアップできる「脂肪注入法」、プチ整形の「ヒアルロン酸注入法」です。これらの豊胸手術を受ける際は、ダウンタイムを考慮しましょう。ダウンタイムとは、施術から日常生活に戻れるまでの期間で、美容整形を受ける上では知っておく必要があります。バッグ挿入法や脂肪注入法は、強い腫れと痛みは約2週か前後続きます。ヒアルロン酸注入法の場合は、メスを使わないという事もあり、腫れやむくみは1週間程度で収まるケースがほとんどです。豊胸手術を受ける時は、ダウンタイムにかかる期間を考えて施術を受けるタイミングを決めましょう。

自分に合った豊胸を

豊胸手術といっても施術法や、効果、また費用など様々です。ですので、豊胸手術を受けたいと考えた時は、自分に合った施術を探す事が大切です。よりバストのサイズを大きくしたいという場合は、バッグ挿入法が向いています。バッグ挿入法であれば、2カップ以上バストアップする事も可能です。費用は挿入する人工シリコンの種類などによって変わりますが、平均して約120万円程度が相場です。より自然な形でバストアップしたいのであれば、脂肪注入法が向いているでしょう。脂肪注入法は自分の脂肪をバストに注入するので、見た目や触り心地などが自然です。費用は約100万円前後が相場です。より低価格で、そして気軽にバストアップしたい場合、断然ヒアルロン酸注入法がおすすめです。メスは使わずヒアルロン酸を注射器で、バストに注入するだけの施術なので、プチ整形とも言われています。費用も約20万円程となっています。これらのポイントだけでなく、医師の技術やアフターケアをしてくれるかなど、色々な面をチェックして自分に合った施術、そしてクリニックを選びましょう。